夏の部屋の換気はどうすれば効率的?今ある設備でできることは?

生活

換気が、例年以上に気になる今日この頃。夏熱い季節はついついエアコンで部屋を閉め切り、換気を怠っているなと感じます。ただここ数年の日本の夏は、クーラー無しでは生活が難しいですよね。なるべくお金を掛けずに部屋の換気をうまく行うにはどうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

エアコンで空気の換気を行う

エアコンを使っていれば部屋の換気ができるのではないかと思っていたのですが、一般的なエアコンは部屋の中の空気と外の空気の入れ替えはしていないようです。

ただ最新のエアコンによっては空気の換気をしてくれるものもあるため(参考)、もし今年エアコンの買い替えを検討しているのであれば買い替えてもいいかもしれません。

ただまだ我が家のエアコンは買い替える時期ではないため、この方法は取れそうにないです。

24時間換気システムを利用する

自宅に24時間換気システムがあれば、それを利用するといいとのこと。2003年に定められた改正建築基準法によると、換気システムの設置は義務になっているようです。(参考

我が家も、探してみると換気システムがありました。ただわが家の換気システムはフィルターと吸気口の掃除をこまめにしないと機能が十分ではないこと、排気は機械的、給気は自然換気の第3種換気方式タイプのため、今回の騒動で指摘されているような大きな換気ができるのかなということには不安を感じます。フィルターもこの機会に買い替えた方がいいのでしょうか・・・。

ただ24時間換気システムがあるということで、ゆるやかに換気は出来ているのかなと自宅は一安心。そして明らかに2003年より前に建てられている会社や学校はどうなのでしょう。

1時間に5~10分程度窓を開ける

理想的には1時間に5~10分程度窓を開けることが、空気の通り道を作りために大切なことのようです。ただ夏場は、暑いですよね。

  • 対角線上にある窓を2ヵ所以上空けて効率性を高める
  • グリーンカーテン、扇風機と窓を活用して涼を取る
  • 換気扇を活用して空気を効率的に流す

などなどが、今ある設備を利用して夏場に換気を適切にする方法かなと思います。

夏場も換気が大切

夏になれば少し騒動も落ち着くと言われていますが、実際の所よく分かりません。換気が大切だと思うので、エアコンをつけっぱなしで部屋の換気が不十分ということにはならないようにしていきたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント