パソコンのマウス壊れた!買い替える前によく壊れる原因を調べてみた!

生活

またパソコンのマウスが、壊れてしまいました。頻繁にマウスが壊れてしまうことが多いため、買い替える前にどうして壊れてしまうのかを調べてみました。新しいマウスが来たら長持ちさせる使い方がしたいです。

スポンサーリンク

そもそもマウスどのくらいで壊れる?

そもそもマウスの寿命は、5年ぐらいだそうです。(参考)

我が家のパソコンのマウスは、2年ぐらいで壊れてしまいました。その前も確か2年程度だったような気がします。ちなみに現在使っているマウスは、無線です。

マウスが壊れる原因は?

マウスの故障を疑ったら、まずは電池の交換などを試してみるといいでしょう。それでも動かない場合は、

①通常よりも使う回数が多い

1日8時間程度使って、5年もつと言われているマウス。私も仕事でパソコンを使っていますが、それほどの時間は使っていません。ただついついダブルクリックをしなくてもいいところでダブルクリックしてしまうことがあるため、知らず知らずに消耗している可能性はあるような気がします。

マウスが故障する度にショートカットをマスターしようと思うですが、ついついマウスがある方が便利なので、忘れてしまいます。この機会にショートカットの勉強をしていきたいと思います。

②物理的なダメージ

パソコンのマウスをついうっかり落としてしまったり、電池を入れる部分のカバーをなくしてしまったり、ほこりが中に入ってしまったり・・。物理的なダメージは、マウスの故障の原因になると思います。接触ダメージをなるべく少ないように丁寧に扱うように心がけたいですよね。無線マウスの場合は、レシーバーがダメージを受けている可能性も。私もチェックしてみるとなぜかガタガタになっていました。ずっと付けたままということが、悪かったのかもしれません。

③パソコンに合っていない?

パソコンのOSに合ったマウスを使う必要があります。パソコンを購入した時にマウスは、一番長持ちしたような気がします。ついつい壊れてしまうことが多いため、値段と口コミだけを見て購入を検討してしまうことが多いですが、パソコンのメーカーとの相性をみて購入した方がいいのでしょうね。保証などもチェックして新しいマウスを選びたいと思います。

パソコンのマウスを長持ちさせたい

我が家が故障した原因は、全て当てはまるのかなと思います。ショートカットの勉強をしながら、マウスを大事にしていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント