アンパンマンをさがせミニは時間潰しにおすすめ!絵本のそれぞれの違いは?

子育て

家で過ごすことが多い今日この頃。子供も退屈してしまうため絵本アンパンマンをさがせシリーズで楽しむようにしています。ミニと通常版の両方を購入したので、その違いやどちらがおすすめなのかを紹介していきます。

スポンサーリンク

絵本アンパンマンをさがせとは?

絵本『アンパンマンをさがせ』は、絵本の中にいるアンパンマンや主要キャラクターを探す人気絵本です。難易度はかなり簡単ですので、3歳前後の子供にもおすすめです。大型絵本版とミニ絵本版の2つがあります。シリーズは1~3といった数字のシリーズとRED、BLUE、GREENと言った色が付いたシリーズがあります。我が家はミニの1、BLUE、GREENを持っています。

数字シリーズと色シリーズの違い

基本的にはどちらも難易度などは変わりなく、アンパンマンの登場人物を探すや間違い探しをするという大きな内容に違いはありません。ただ主観的ですが、数字シリーズの1はアニメの絵というよりは昔ながらのアンパンマンという絵柄です。そのため最近のアニメシリーズではあまり見かけないような渋いキャラクターもいます。(てんどんマンのお母さんとか最近アニメでは見かけないですよね!?)

一方アンパンマンの色シリーズは、最近のアニメの絵柄で比較的最近登場するようなワッフルちゃんなど洋菓子系のキャラクターも多いです。最近のアンパンマンのキャラクターに親しみがある場合は色シリーズの方がいいのではないかなと思います。

ミニと通常版の違いは?

ミニと通常版でも中身に違いは無いようです。ミニは持ち運びしやすいので、外出先や車の中でも使えます。小さくてもアンパンマンなどのキャラクターを見つけるのに支障はありません。元々大きめに描かれています。

アンパンマンをさがせのおすすめ遊び方は?

①絵本の指示どうりに遊ぶ

絵本には探し出すキャラクターやアンパンマンの仕草、10個間違い探しがあるなど指示があります。まずはその通りに遊んでみることがおすすめです。

②問題を作り合う

絵本の問題がクリアできれば、子供と問題を作ってクイズごっこすることもおすすめです。案外子供の方がアンパンマンのキャラクターを知っているので、探し出すことが難しい場合もあります。

③知らないキャラクターを調べる

親子共に知らないキャラクターがあれば詳細を調べることもおすすめです。昔のアンパンマンを放送しているそれいけ!アンパンマンくらぶで登場することもあるため、アニメを見るのが楽しくなります。

アンパンマンをさがせミニは時間潰しにおすすめ

アンパンマンが好きになった頃から楽しめる絵本ですので、プレゼントにもおすすめです。絵だけで楽しめるので文字を読む前から遊べますよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント