ウルトラマンと仮面ライダーの違いは?どっち派になるかは親の影響?

エンタメ

男の子が大好きな2代ヒーローと言えば、ウルトラマンと仮面ライダーですよね。どちらも昭和時代から人気の高いキャラクターですが、どっち派かという議論が出てきますよね。我が家では私が仮面ライダー派で、妹はウルトラマン派です。(笑)ここでは、個人的に思うウルトラマンと仮面ライダーの違いについて考察していきたいと思います。似ているようで微妙に違うなと感じた点をまとめてみました。

スポンサーリンク

ウルトラマンと仮面ライダーの違い

①制作している会社が違う

そもそも作っている会社が違うというのが、ウルトラマンと仮面ライダーの違いだと思います。ウルトラマンはTBSと円谷プロダクション、仮面ライダーは石ノ森章太郎原作・東映制作です。

②ウルトラマンが大まかな世界観が昭和から繋がっている

仮面ライダーシリーズは昭和までは世界観が同じでしたが、平成ライダー、令和ライダーはそもそも設定が全く違うことが特徴的です。ジオウでもネタにされてましたよね。ただウルトラマンは、違う時空のウルトラマンが登場することもありますが、放送中のウルトラマンタイガがタロウの息子であると名言されているなど、話が繋がっています。そのため親としては、ウルトラマンのソフビはずっと遊ばせることが出来るという利点も。仮面ライダーは毎年変わって新鮮味がありますが、ソフビや変身グッズは買い替えなければなりません。

③戦い方が違う

ウルトラマンの戦い方で多いのは、巨大怪獣とのバトルです。そのため、初めから巨大化して戦うことが多いです。一方仮面ライダーは、人間サイズ?の敵と戦うことが多いので、巨大化して戦うということは少ないかと思います。この間の戦い方をするのがスーパー戦隊ではないでしょうか。

どっち派になるかは親の影響?

好みの問題もあると思いますが、子供がまず初めにどちらを好きになるのかは親の影響が大きいのではないかと思います。親が好きな方を見せて育った結果、ウルトラマン派、仮面ライダー派になるのではないでしょうか。現に我が家は両方息子は見ていますが私が仮面ライダー好きなので、仮面ライダーを見たがります。ウルトラマン派の甥っ子は、そもそもウルトラマンしか見ていないので、仮面ライダーには興味が無さそうです。一概には言えないですが、好きな特撮は親の意向で変わるのかなと思います。

ウルトラマンと仮面ライダーが違うから面白い

子供だけでなく大人も大好きな特撮!少子化が進んでいるので大変だと思いますが、今後も切磋琢磨して面白い話を届けて欲しい物ですね!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント