歳の差結婚と同い年結婚のどちらが幸せ?メリット・デメリットを考えてみた

エンタメ

ついに城島リーダーが、結婚されるそうですね。おめでとうございます。結婚相手の菊池梨沙さんとは24歳差!!凄いでよね。我が家は、私と夫は旦那が1歳年上なけでほぼ同い年結婚です。歳の差婚と同じ年婚のどちらが幸せなのか考えてみました。

スポンサーリンク

歳の差結婚と同い年結婚のどちらが幸せ?

歳の差結婚と同い年結婚のどちらでも、幸せになるカップルとそうではないカップルがいると思います。どちらが幸せかは一概には言えないでしょうが、それぞれのメリットとデメリットを考えてみました。ここでは歳の差結婚は、10歳差以上ということを前提にして考えていきたいと思います。

歳の差結婚

メリット

①経済的に安定していることが多い

男女どちらかでも、歳の差があることは、ある程度経済的に豊かであることが多いと思います。若いカップル同士ではできない豊かな生活ができることが多いでしょう。

②落ち着いた関係が築ける

片方が大人なので、喧嘩になっても年上の方が折れてくれることも多いのはないでしょうか。大人のカップルのように、落ち着いた関係が築けるでしょう。

デメリット

①年上が先にこの世を去ってしまう確率が高い

歳の差婚の最大のデメリットは、年下が高確率で残されてしまう可能性が高いということです。かなり歳の差が空いている場合は、次の相手を探すことも出来るでしょうが、別れの時期が同い年カップルよりも早く来ることは確実だと思います。

②子供に関して

歳の差婚の場合は、子供に関して悩み事が多いと思います。例えば今回の城島リーダーは今年50歳。子供が成人する時には、70歳ですよね。一般の人の場合は、養育費などが大変な悩みになってくるでしょう。

同い年結婚

メリット

①共通の話題が多い

価値観が似ていることが多いので、共通の話題が多いでしょう。夫婦で大きな決断を迫られる際にも、ジェネレーションギャップは無いでしょう。

②共に成長していける

まだまだ金銭的には余裕がないかもしれませんが、共に成長して家庭を築いて行こうという気持ちになれるのではないでしょうか。

デメリット

①喧嘩になりやすい

わが家もそうですが、喧嘩が多い気がします。ほぼ同い年とは言え、なんとなく旦那の方が精神年齢が低いような気が・・。どちらもまだ精神的に熟成していないので、トラブルも多いですよね。

②人生の大きな山場が被る

同い年の場合は、親も似たような年齢なので介護の時期などが重なります。共働きの場合は、出世などのタイミングが重なり、お互い忙しくしんどい思いをすることもあるでしょう。

結婚生活はどちらも大変

歳の差婚であろうが、同い年婚であろうが、どちらも大変だと思います。城島リーダーはパパにもなるようなので、今後の活躍に期待したいです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント