渋沢栄一が1万円のお札の顔に!ゆかりの地に足を運んでみよう

未分類

こんにちは。毎日諭吉さんと仲良く出来たらいいなと思っている年子ママです。そんなか1万円札に描かれる人物が福沢諭吉から渋沢栄一に代わるというニュースが!アラサーの人にとっては、1万円札=諭吉という人が多いので衝撃ではないでしょうか。そこで渋沢栄一ってどんな人なのか、ゆかりの地は?登場したドラマはあるのかについてまとめてみました。

スポンサーリンク

1万円のお札に登場する渋沢栄一とは?wiki風プロフィール

名前:渋沢栄一(しぶさわ えいいち)

生年月日:1840年3月16日(江戸時代生まれ)

出身地:現在の埼玉県

幅広い事業にチャレンジしている農家に生まれた渋沢栄一は、徳川慶喜の家来として江戸末期から活躍します。ヨーロッパなどに行って見聞を広めた後、大蔵省で働きます。その後は実業家として利益よりも公を大事にした人物として今も語り継がれています。

渋沢栄一が関係した企業

渋沢栄一は、現在も残る大企業を作り出した人物としても有名です。

・現在のみずほ銀行

・東京海上火災保険

・京阪電気鉄道

・東京証券取引所

などなど他にも多くの企業が渋沢栄一と関連しています。今の日本経済の土台を作ったという人で1万円札の顔にぴったりな人のようですね。

渋沢栄一のゆかりの地とは?

これを機会に渋沢栄一のゆかりの地に行って、お札と仲良くなりたいという人も多いはず。実は、渋沢栄一には全国にゆかりの地があります。特に行っておきたい所をピックアップしてみました。

渋沢史料館

渋沢史料館は、かつて渋沢栄一が過ごしたことがある邸を資料館にしています。本館、晩香廬、青淵文庫と3つの建物があるのでじっくりと渋沢栄一について学ぶことが出来ます。今後お札の顔に選ばれたこともあり人が多く訪れることが予想されます。

住所:東京都北区西ヶ原2-16-1

時間:10:00~17:00

定休日:月曜日(祝日・振替休日の場合は営業)、祝日・振替休日の後の代休としての平日

参考サイト:https://www.shibusawa.or.jp/museum/index.html

渋沢栄一記念館

渋沢栄一記念館は、渋沢栄一が生まれた現在の埼玉県深谷市にあります。無料で写真などを見学することができるので、全く今まで渋沢栄一のことを知らなかったというビギナーにもおすすめです。資料解説員もいるので、知識が無くても楽しめます。

住所:埼玉県深谷市下手計1204

時間:09:00~17:00

定休日:年末年始

参考サイト:http://www.city.fukaya.saitama.jp/shibusawa_eiichi/kinenkan.html

その他にも全国にゆかりの地があります。渋沢栄一記念財団のホームページに掲載されているので、参考にしてみましょう。

渋沢栄一について知ろう!

今後ブームが来ること間違いなしの渋沢栄一!ゆかりの地に行って、お札と仲良くなってみましょう。

おすすめ記事

TOKIOだけではない!安倍総理のSNSに登場した意外な芸能人がいた!
安倍総理のSNSにTOKIOのメンバーが登場したことで話題になっていますよね。とても和やかな雰囲気で食事をしていて、とても仲良さそうな雰囲気がしています。でも、他にも意外な芸能人が安倍総理のSNSには登場しています。びっくりした芸能人をピッ...
ノートルダム寺院とノートルダム大聖堂との違いって何なのか?
世界遺産の「Cathédrale Notre-Dame de Paris」が火事だというニュースが流れてきました。私も新婚旅行で行ったので、とても驚きを感じています。ただ気になったのが、ノートルダム大聖堂という表記とノートルダム寺院と言う表...
松潤が演じる松浦武四郎とはどんな生涯を送った人?北海道に銅像や記念館はあるのか?
嵐の人気メンバーである松本潤さんが、NHKが手掛ける「永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」で松浦武四郎役を演じることになったというニュースが飛び込んできました。松浦武四郎とはどんな人なのか全く知らないので、これを機会に調べてみま...
茂住修身のwiki風プロフィール!辞令専門職とはどのような仕事?令和を書いてもらうことってできる?
ついに、新元号が決まりましたね!ここでは、新元号の文字「令和」を書いた茂住修身さんについて詳しく紹介していきたいと思います。wiki風プロフィールやそもそもどんな仕事なのかについて紹介していきます。 令和を書いた!茂住修身のwiki風プロ...
万葉集とは?理解したい人は奈良飛鳥に旅行に行ってみよう!
令和と言う元号が決まって、数日経ちましたがまだまだ盛り上がりを見せていますよね。今回の元号は万葉集を基に作られたということもあり、万葉集とは何かということをもう一度学びたい人も多いでしょう。そこでおすすめの旅行先が、奈良県飛鳥です。ここでは...

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント