NHKの子供向け番組でママも爆笑!思わず攻めていると感じるキャラクター3選

エンタメ

子育て中に見ることが多くなったNHKの子供向け番組。最初は子供向けだと思っていたのですが、段々ママやパパの方が気になるキャラクターが増えてきました。ここでは、普段子供向け番組を見る機会なんてないよという人にも知っておいてほしい思わず笑ってしまうおすすめのキャラクターを紹介します。

スポンサーリンク

さぼさん(みいつけた!)

さぼさんは、Eテレの人気番組「みいつけた!」や「みいつけた!さん」に登場しているキャラクターです。声や中の人は、俳優の佐藤貴史さんが担当しています。

みいつけた!は、いすのまちのコッシ―(声はナントお笑い芸人のサバンナの高橋茂雄さん)と女の子のスイちゃん、そして着ぐるみのさぼさんが登場します。コッシ―とスイちゃん(名前を反対にするといす)は、なんとなく関連が分かるのですがどうしてサボテン、さらに大人の男が登場するのかについては一切の説明はありません。大人なので、ツッコミ役で登場することが多いのですが、サバンナの高橋茂雄さんに負けないお笑い力を発揮していて笑えます。

さらにさぼさんの派生キャラとしてサボ子というどこかイッコーさんを連想させるキャラクターも登場します。さぼ子はサボコのドキドキレポートとして、チアリーディングに挑戦したり、アメフトに取材にいくなどまるでガチャピン?!と思うような体を張ったアクションを見せてくれます。アメフトの回では強烈にタックルされるなど、中の人大丈夫かなと思うようなシーンも平然とやってのけます。みいつけた!自体も、楽曲の提供を星野源さんなどが担当しているので、独身の友人にもおすすめししています。

ムームー(おかあさんといっしょ)

ムームーは、NHKの人気番組おかあさんといっしょの人形コーナーガラピコぷ〜に登場するブルーの狼の男の子です。

ムームーは、鍋掴みを人形のようにつかって独り言を言っている姿に衝撃を受けました。子供向け番組のキャラクターだからと言って、明るいだけじゃないという点もムームーの魅力ではないでしょうか。ただ鍋掴みの人形であるチコタとの会話は、物語に登場する他のキャラクターも突っ込んでいることが多くママとしてはドキドキさせられます。子供は、ムームーの優しい性格が大好きなようですが、なんとなく将来はクレヨンしんちゃんに登場するネネちゃんのママのようになるのではないかと思ってしまいます。

おかあさんといっしょのシルエット博士のコーナーでは、影が大好きなマニアックなキャラの助手もしているムームー。今後のムームーも、シルエットマニアになってしまうのでしょうか。

おかあさんといっしょが映画館で楽しめる!ファミリーコンサートのような内容?DVD化はされる?

うーたん(いないいないばあ)

うーたんは、いないいないばあに登場する人気のキャラクターです。妖精と言う設定で、性別などはない様子です。声は間宮くるみさんが担当されています。

うーたんは、操り人形なので表情が読めないところ攻めているなと感じます。ウーッ、うーたん!という掛け声で登場するのですが、たまにどこから登場するのか分かりにくいことがあり、えっそんなところから登場する?と言う回もあり笑えます。頭に付いているのは、マラカスということで大丈夫かなと思うほど頭を振るときもあります。話方に特徴があるので、動く姿を見たことが無いという人はぜひ一度チェックしてみて下さい。

NHKの子供向け番組はキャラクターの宝庫!

いつの間にか親の方が夢中になってみてしまっているNHKの子供向け番組!今後もさらにユニークなキャラクターが登場することでしょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント