ヘイセイ岡本圭人が留学するアメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツとは?費用や授業内容を徹底調査!

エンタメ

Hey! Say! JUMPの岡本圭人さんが9月からアメリカに留学することが発表されました。留学先は、アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツのニューヨークニューヨーク校ではないかと報道されています。演技を勉強するためにわざわざHey! Say! JUMPの岡本圭人さんが留学するアメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツとはどのような学校なのでしょうか。気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

Hey! Say! JUMPの岡本圭人さんが通うアメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツとは?

アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツは、英語ではAmerican Academy of Dramatic Arts、略してAADAと呼ばれています。今回Hey! Say! JUMPの岡本圭人さんが留学するニューヨーク校意外にロサンゼルスにも学び舎があるようです。創業者のフランクリン・ヘイブン・サージェントは、ハーバード大学を出たエリート。真に観客の心に響く芸術家を育てようという気持ちからアメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツを開設したようです。

教育は基本的に2年かけて行われます。それ以外にも夏場のプログラムや会社向け、若い人向け、教育向けのプログラムがあるようです。Hey! Say! JUMPの岡本圭人さんはおそらく2年の教育課程でチャレンジするので、2020年には、Hey! Say! JUMPに戻ってきてくれるのではないでしょうか。

アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツではどんなことを学ぶの?

アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツでは、プロフェッショナルな演技を学んでいくようです。演技だけでなく、世界の文化やマナー、歴史を学ぶ機会も与えられるので、よる作品の役に入り込みやすくなるようです。

卒業時には仲間と共に、卒業制作などにも取り組むようです。所属している学生は、世界中から集まっているそうです。40もの国から留学生が来て学んでいるという国際的な所もHey! Say! JUMPの岡本圭人さんにとっては魅力だったのではないでしょうか。

アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツの卒業生は?

Hey! Say! JUMPの岡本圭人さんの先輩には、トニー賞やエミー賞、アカデミー賞に輝いたアメリカを代表する名俳優が数多くいます。日本でもお馴染みのカーク・ダグラスさんや奥様は魔女シリーズでお馴染みのエリザベス・モンゴメリーさんも卒業生です。俳優だけでなく、映画監督として活躍している卒業生もいます。

アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツに入るには?費用は?

アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツに入るには、試験をパスする必要があります。試験内容については、不明でしたが高校生以上であれば挑戦できるようです。試験の合格率は、81%という記載あるので、それほど難しいものではないと予想されます。どのくらいの費用がいるのでしょうか。アカデミー奨学金などもあるようですが、まず試験をパスすると契約所と$750を振り込む必要があるようです。約8万円程度ですね。さらに学費は、$30,650が必要と言う記載がありました。思ったほど高くはないのかなと言う印象です。ただ物価が高いと言われているニューヨークなので、Hey! Say! JUMPの岡本圭人さんも費用面でのやりくりに気を配る必要があるでしょう。

アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツで学ぶヘイセイ岡本圭人さんを応援しよう!

必ずHey! Say! JUMPに戻ってきてくれるだろう岡本圭人さん。アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツで学んだことをグループ活動に生かしてほしいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント