かねあいよよかドラム8歳女子よよかちゃんは何歳からドラムを始めた?天才にするヒントとは?

エンタメ

女性ドラマーのコンテスト「Hit it Girl 2018」の18歳以下の部門で1位に輝き、話題になっている家族バンド「かねあいよよか」のドラムでわずか8歳と言う天才のよよかちゃん!我が家の娘や息子もよよこちゃんのような天才に育ってくれたらなと思い。どのようにすればよよこちゃんのようなドラマーになれるのかその秘密を調べてみました。

スポンサーリンク

天才ドラマー・よよかちゃんのwiki風プロフィール

名前:よよかちゃん(苗字は相馬?)

生年月日:2009年10月(現在8歳)

出身地:北海道石狩市

担当:ドラム、歌、キーボード

家族構成:父、母、弟

よよかちゃんは、お母さんで取材記者をしている相馬りえさん、父親であるあきふみさんと共に家族バンド「かねあいよよか」として活躍しています。ドラムだけでなく、作詞作曲も行っています。8歳とは思えないドラムテクニックで日本だけでなく、世界が絶賛している新進気鋭の超若いドラマーです。

ビッケブランカ "ファビュラス"を叩いてみた/8year old drummer ”Yoyoka"

本当に8歳なの?と思う足さばきとドラムのテクニックが凄いですよね。

よよかちゃんは何歳からドラムをしているのか?

よよかちゃんは、なんと2歳からドラムを始めたそうです。2歳というとまだ言葉も少ないような時期ですよね。そんな時期からドラムに興味があったとは驚きです。元々ご両親が夫婦で「かねあい」というユニットで音楽活動されていたので、ドラムが身近にある環境が整っていたのでしょう。その後5歳の時には、かねあいよよかを結成し、ライブやCDを出すなど本格的な音楽活動をされています。恐らく初めは習うというよりも、ドラムをたたいて楽しいという所からスタートしたのではないでしょうか。ちなみに弟がいるようで、バンドでもサブメンバーとして活躍しています。エアギターやダンスなどで場を盛り上げてくれるようです。同じ環境で育っていても、ドラムに対する思いはよよかちゃんの方が強く、上達も早かったということでしょうか。

かねあいよよかのよよかちゃんはどのようにしてドラムを習ったのか?

よよかちゃんは、山木秀夫さんという著名なドラマーの元でドラムを学んたようです。いち早く一流の人の所に師事するように運んだよよかちゃんのママはすごいですね。CDには、一流のミュージシャンも参加する等音楽的な刺激をたっぷり感じているように思います。

All Track Trailer【全曲トレーラー】かねあいよよか 3rd CD "YO-YO-YO?" 8歳ドラマー“よよか”/8year old drummer ”Yoyoka"

よよかちゃんのドラムテクニックを直接見ることができる?

かねあいよよかとしてライブ活動も多数実施されています。北海道在住などで、北海道中心でのライブ活動が多いです。2018年10月14日には、よよかちゃんの誕生日を祝った『かねあいよよかバースデーワンマンライブ2018』が道新ホールで開催される予定です。詳しいことは、かねあいよよかのホームページに記載されているのでリンクを貼っておきます。(かねあいよよかのライブ情報/)

よよかちゃんの経歴から考える子供を天才にするヒントとは?

①より早い時期から始める

2歳からドラムを始めたよよかちゃんのケースを考えると、より年齢の低い時期に好きなことを探してあげるのが大事なのではないでしょうか。自分から進んでこれがしたいということを見つけてあげると良いですね。

②一流の経験をさせてあげる

子供の才能を見抜き、幼稚園ぐらいからCDデビューやライブ活動をしていたママの先を見通す力が凄い!私なら上手だねレベルで終わってしまいそう。元々ママやパパも音楽活動をされていたので、一流の環境作りに適した家庭環境だったということでしょうか。一流の経験をしていることで才能の芽も伸びていっているように感じます。

かねあいよよかのよよかちゃんに注目!

今後世界的に活躍することが期待されるよよかちゃん!家族バンドを飛び越して、世界的なミュージシャンとの共演も夢ではなさそうです。今後の活動も要チェックです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント